スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動

概要
12年2月9日発売。プラットフォームはPSVITA。
SIRENシリーズの外山圭一郎がディレクターを務める、オープンワールドアクションゲーム。
重力を自在に操るというコンセプトの元、360°自由自在に動き回れる自由度の高さが特徴。

アクション
主人公は重力を自在に操れるという設定。
そのため、重力を地面方向ばかりでなく、空中へと向けることで、空に向かって落下することができる。
その独特の感覚から、他のアクションゲームとは全く違った操作感を味わうことができる。
基本操作はジャンプの他に、重力を一定方向へ向ける、
攻撃としてキック、スロー、必殺技のラッシュ等がある。
移動方法も、重力を使った落下の他、サーフィンのように滑ったりと、スピード感のあるものとなっている。
その特性上、画面酔いしやすいと思われがちだが、カメラワークが良いので画面酔いはあまりない。
ロックオン性能も良いので、ある程度適当に攻撃しても大丈夫というのも大きいだろう。

アクションゲームにありがちな、街の住人等の防衛ミッションも無く、
重力を操れるということから、落下死という概念も無いということ、
難易度的には上記の適当に攻撃できることもあって簡単な部類。
オープンワールドなので、街の中を自由に動き回れるが、今作は空中も移動できるので、
移動できる範囲はかなり広く、自由度が高い。
移動がそもそも楽なのと、ワープのおかげでストレスフリーで街の探索ができる。

総評
アクションゲームの傑作と言っていい内容。
重力を自在に操り、空中を自由に飛び回れるその操作は今までに無い快感。
アクション部分以外のインターフェースも素晴らしく、操作性、カメラ、
ロックオンや移動がストレスフリーなど、細かい部分の気配りも光る。
不満といえばストーリーが中途半端なことぐらいで、アクションゲームとしての不満は全く無し。
VITAを買ったらとりあえずこれ、というほどオススメの作品。

良い点
・重力を自在に操る操作
・自由度の高さ
・インターフェース、カメラ

悪い点
・ストーリーが中途半端

世界観       ★★★★
キャラクター    ★★★
音楽         ★★★★
グラフィック    ★★★★
テンポ        ★★★★
難易度       ★★
操作性       ★★★★★
カメラ        ★★★★★

クリア時間目安 12時間

ゲーム評点 90点

GRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において,彼女の内宇宙に生じた摂動 PlayStation Vita the Best
スポンサーサイト
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

01月 | 2013年02月 | 03月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -


検索フォーム
レビュー一覧リンク

カテゴリ
最新記事
リンク
応援バナー

ハイロさんが運営するゲームレビューサイト
プロフィール

sa

Author:sa
SRPG大好きなゲーオタ
主に遊ぶのはRPGとノベルゲー
PS3がフル稼働。PSVもぼちぼち。
フレンド募集中!PSID:sa-wav

次回レビュー予定
PSV 超次次元ゲイムネプテューヌ

プレイ中ゲーム
PS3 TOZ
VITA GE2

Twitter
購入予定のゲームとか
キャプテン・アース Mind Labyrinth

2月26日発売予定
公式サイト
買うかどうかは五分五分。アニメもっと面白ければ…

閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS -少女達の選択-

3月26日発売予定
公式サイト
この時期はゴタゴタしてるからプレイするのは後になるかも

第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇

4月2日発売予定
公式サイト
時獄篇微妙だったけどどうなんでしょうね
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。