スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラングリッサー1&2

概要
オリジナルの1は93年8月6日、デアラングリッサー
(元々メガドライブで2が発売、SFCでデアラングリッサーとしてリメイク、本作に移植)は、
95年6月30日発売。
兵種による3すくみと、傭兵を雇うシステム最大の特徴。

シナリオ&キャラクター
1,2共に、王道の中世西洋ファンタジー。
1については特筆すべき点はないが、2は当時珍しい、シナリオ分岐を採用している。
自分の好きなようにシナリオを選べるのは大きい。
キャラクターも基本的に王道だが、会話が足りないのか、やや突飛な展開がある。

システム
2Dのトップビューでフェイズターン制。ファイアーエムブレム型のSRPG。
3すくみは、歩兵は槍兵に強く、槍兵は騎兵に強く、騎兵は歩兵に強いというもの。
他にも弓兵は飛兵に強いなどもあるが、基本はこの3つ。
戦術を立てる面で非常に重要な要素だが、レベル、ステータスの比率が強い今作では、
少々ステータスが上回ると3すくみが機能しなくなる場合があるのが難点。

傭兵システムは、マップごとに(制限はあるが)好きなだけユニットを増やせるというもの。
相手の兵種によって得意な兵種を雇うのが基本となる。雇わずに金を貯めてもいい。
問題としては、指揮官1人につき、傭兵を4~6ユニット雇うため、非常にユニットが多くなり、
操作が面倒になること。

総評
傭兵システムのデメリットのユニットが多くなるだが、キーレスポンスも悪いため、
余計に面倒になってしまっている。
その他は特に問題ないが、SFCの基本ベタ移植のため、
隠しステージの問題がSFCに関するもののままだったりする。
移植としては手抜きな部分が目立つ。

良い点
・シナリオ分岐

悪い点
・ユニットの多さによる煩雑さ
・キーレスポンス

ストーリー     ★★★
世界観       ★★★
キャラクター    ★★★
音楽         ★★★★
グラフィック    ★
テンポ        ★★
難易度       ★★★
ゲームバランス  ★
戦闘         ★★★
クリア時間目安 1:7,8時間 2:15時間

ゲーム評点 60点

ラングリッサーI&II超廉価版
スポンサーサイト

この記事へのコメント

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


検索フォーム
レビュー一覧リンク

カテゴリ
最新記事
リンク
応援バナー

ハイロさんが運営するゲームレビューサイト
プロフィール

sa

Author:sa
SRPG大好きなゲーオタ
主に遊ぶのはRPGとノベルゲー
PS3がフル稼働。PSVもぼちぼち。
フレンド募集中!PSID:sa-wav

次回レビュー予定
PSV 超次次元ゲイムネプテューヌ

プレイ中ゲーム
PS3 TOZ
VITA GE2

Twitter
購入予定のゲームとか
キャプテン・アース Mind Labyrinth

2月26日発売予定
公式サイト
買うかどうかは五分五分。アニメもっと面白ければ…

閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS -少女達の選択-

3月26日発売予定
公式サイト
この時期はゴタゴタしてるからプレイするのは後になるかも

第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇

4月2日発売予定
公式サイト
時獄篇微妙だったけどどうなんでしょうね
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。