スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AIR

概要
オリジナルは00年9月8日発売。本作は02年8月8日発売。
Keyが販売した18禁PCアドベンチャーゲームの移植版。移植はインターチャネル。
前作、Kanon同様泣きに特化したシナリオで、元18禁ゲームかと思うほどその要素は薄い。

シナリオ&キャラクター
まずキャラクターのアクが非常に強く、この時点で人を選ぶ。
行動に一貫性が無く、奇言、奇行でキャラクター付けしているのもそれに拍車をかけている。
第2シナリオ(summer編)では、時代背景からか、そのような奇言、
奇行が少なくなるので、多少は読みやすくなる。

シナリオも同様で、ご都合主義が全体的に蔓延しているので、ご都合が嫌いな人には向かない。
見せ場も、後述の演出面が貧弱なので、やや押しが弱い。
だが、音楽の良さがなんとかそれを帳消しにしてくれている。

世界観
現実の世界と同じと見せかけて、魔法や不思議現象がある世界。
夢のある世界といえば聞こえはいいが、ご都合的なことがすぐ起きたり、
現実世界と変わらないと思わせぶりなので突拍子も無いことが起きたり、安定感が無い。
別に魔法や不思議現象がなくても成り立ちうるシナリオなので、世界観の練りこみ不足と言える。

インターフェース&演出
選択肢前の一時停止が無い、スキップが遅い、オートプレイ、オートスキップが無い、
等々、Kanonから全く進化していない。
一時停止に関しては、テキストの巻き戻しでリカバリ可能だが、
スキップが遅く、共通がそれなりにあるのにオートスキップが無いのが痛い。
演出に関しても、PS2なのに瞬き、口パクが無い、絵が下手等、改善の余地が多数。

総評
全体的に古い、練りこみ不足など、改善点が多い。
特に世界観に関しては、現実世界と同じにしておけば、もっと共感が誘えたはずで、
泣きゲーという分類上、共感を誘うのは非常に有意義なはず。

キャラクターも、アクが強いとしたが、実際はあまりに行動が電波。
これは描写不足からくるものかもしれないが、行動に理念を持たせればこんなことにはならなかっただろう。
かなり人を選ぶ作品だと言える。

良い点
・音楽

悪い点
・非常にアクの強いキャラクター
・ご都合なシナリオ
・世界観の練りこみ不足
・インターフェース、演出

ストーリー     ★
世界観       ☆
キャラクター    ☆
音楽         ★★★★
キャラデザイン  ★★
画力         ☆
インターフェース ★
演出         ★
クリア時間目安 15時間(テキスト最速、ボイススキップ)

ゲーム評点 20点

AIR ベスト版
スポンサーサイト

この記事へのコメント

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


検索フォーム
レビュー一覧リンク

カテゴリ
最新記事
リンク
応援バナー

ハイロさんが運営するゲームレビューサイト
プロフィール

sa

Author:sa
SRPG大好きなゲーオタ
主に遊ぶのはRPGとノベルゲー
PS3がフル稼働。PSVもぼちぼち。
フレンド募集中!PSID:sa-wav

次回レビュー予定
PSV 超次次元ゲイムネプテューヌ

プレイ中ゲーム
PS3 TOZ
VITA GE2

Twitter
購入予定のゲームとか
キャプテン・アース Mind Labyrinth

2月26日発売予定
公式サイト
買うかどうかは五分五分。アニメもっと面白ければ…

閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS -少女達の選択-

3月26日発売予定
公式サイト
この時期はゴタゴタしてるからプレイするのは後になるかも

第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇

4月2日発売予定
公式サイト
時獄篇微妙だったけどどうなんでしょうね
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。