スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

街 ~運命の交差点~

概要
オリジナルは98年1月22日発売。本作は99年1月28日発売。
チュンソフトのサウンドノベルシリーズ第3弾。
セガサターンで発売した、"街"の移植版。移植に当たり、サブタイトルが追加されている。
個性的な8人の主人公、その全く異なるストーリーを、
ザッピングシステムによって絡めているのが最大の特徴。

特徴&ザッピング
こういったノベルアドベンチャーでは非常に珍しい、完全実写。
そのためか、ヤクザと役者の入れ替わり、放送作家の苦労、爆弾犯を追う刑事など、
TVドラマでもありそうなものが多数存在する。
8人の主人公とある通り、様々な物語が繰り広げられるので、色々な話、展開を楽しむことができる。

このゲームの最大の特徴であるザッピングだが、これは他のキャラクターのTIPS(用語)から、
該当するキャラクターの物語へ飛んでいく、というもの。
他のキャラの行動が他のキャラの運命を左右する、というものもあり、
これにより異なる物語を複雑に絡め合い、一体感を感じさせる効果がある。
だが、途中で物語が中断し、他のキャラをある程度進めなければ続きが読めないという欠点も存在する。

インターフェース&その他
インターフェースは、最悪の部類。
選択肢前一時停止無し、スキップは既読、オール共に無し、テキスト速度変更不可。
そもそも変更できるのが、ステレオモノラルの選択、振動の有無のみ。
利点といえば、バックログから選択肢に戻れることぐらい。

その他としては、TIPSが豊富かつユニークな説明が多い、
バッドエンドでのヒントが詳しく、選択肢などのマークによりやり直しがしやすいことなど、
プレイ環境は気が効いているものと足りないものが入り交じっている。

総評
シナリオ自体は面白いが、所々入るザッピングのせいでテンポが悪い。
また、そのシナリオも投げっぱなしなものが多く、途中の興奮が段々萎んでいくという問題も。
プレイ環境も、一度プレイするだけならいいが、繰り返しプレイするのには向いてない。
ザッピングは一長一短で、上手く作用すればかなり面白いシステムなので、
改善を強く求めたいところ。

良い点
・個性的なキャラクター
・ザッピングによる一体感

悪い点
・ザッピングによる物語の中断
・インターフェース

ストーリー     ★★★★
世界観       ★★★
キャラクター    ★★★
音楽         ★★★
グラフィック    ★★★
インターフェース ★
演出         ★★★★
クリア時間目安 17,8時間

ゲーム評点 70点

PS one Books 街~運命の交差点~ サウンドノベル・エボリューション3
スポンサーサイト

この記事へのコメント

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


検索フォーム
レビュー一覧リンク

カテゴリ
最新記事
リンク
応援バナー

ハイロさんが運営するゲームレビューサイト
プロフィール

sa

Author:sa
SRPG大好きなゲーオタ
主に遊ぶのはRPGとノベルゲー
PS3がフル稼働。PSVもぼちぼち。
フレンド募集中!PSID:sa-wav

次回レビュー予定
PSV 超次次元ゲイムネプテューヌ

プレイ中ゲーム
PS3 TOZ
VITA GE2

Twitter
購入予定のゲームとか
キャプテン・アース Mind Labyrinth

2月26日発売予定
公式サイト
買うかどうかは五分五分。アニメもっと面白ければ…

閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS -少女達の選択-

3月26日発売予定
公式サイト
この時期はゴタゴタしてるからプレイするのは後になるかも

第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇

4月2日発売予定
公式サイト
時獄篇微妙だったけどどうなんでしょうね
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。