スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マナケミア ~学園の錬金術士たち~

概要
07年6月21日発売。
A9、つまりアトリエシリーズの第9弾。
錬金術学校の卒業までの3年間をプレイする。全12章。
従来のアトリエと、イリスのアトリエのRPG色の中間ぐらいのRPG要素を持っている。

シナリオ&キャラクター
前半はとにかく明るく、バカ騒ぎする学園生活、後半は一転シリアスで、
主人公の出生の秘密が解き明かされる。
前半部のコミカルなノリと、後半部のシリアスさが微妙にミスマッチ。
そもそも、アトリエの本質は他のRPGに無い要素なので、後半のシリアス部分は、
学園モノという特異性もあり、違和感を感じさせる。

キャラクターに関しては、シナリオ同様、基本的にはコミカル。
後半部ではシリアスになるのだが、キャライベントではイベントの都合上、コミカルなままなので、
かなり違和感がある。

戦闘
速さが高い程に行動が回ってくる、ウェイトターン制。
前衛3人、サポート3人で戦うのだが、戦闘中にゲージが溜まればすぐに交代でき、
サポート側だとSP(MPと同義。スキル次第でHPも)を回復できるため、大技をガンガン使える。
そのため、派手でスピード感のある戦闘に仕上がっている。

逆に難点としては、サポートができるようになるまでの物語序盤。
サポートができないと、単なるコマンド戦闘(大半が通常攻撃)でしかないためつまらない。

アトリエ
今作では、調合したアイテムによってステータス、スキルを習得できる。
そのため、本当の意味でアトリエとRPGが融合したシステムであるといえる。
アトリエとしては、基本的な調合と、今作独特の要素として、エーテル値という、
コモンスキルを変化させるものがあるが、ある程度無視していても攻略できるため、
アトリエとしての難易度は低め。
期限が基本的に存在しないのもそれを支えている。

総評
アトリエよりも、RPG色が強い作品。
戦闘がテンポ良く、派手で連携を駆使した爽快感もあるのが秀逸。
逆にアトリエとしての奥深さはシリーズ経験者には物足りないかも。
夜に敵が強くなるが、特にメリットが無いため、朝までボーっとしていなければならないのが面倒。
アイテムと武器防具の工房が離れているのも問題点。

良い点
・テンポが良く、爽快感のある戦闘
・アトリエとRPGが融合したシステム

悪い点
・夜間の敵の超強化
・アイテムと武器防具工房の分離
・影の無いアクション部分

ストーリー     ★★★
世界観       ★★★
キャラクター    ★★★★
音楽         ★★★★
グラフィック    ★★★
テンポ        ★★★★★
難易度       ★★★
ゲームバランス  ★★★
戦闘         ★★★★
クリア時間目安 35~40時間

ゲーム評点 75点

ガストベストプライス マナケミア ~学園の錬金術師たち~
スポンサーサイト

この記事へのコメント

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


検索フォーム
レビュー一覧リンク

カテゴリ
最新記事
リンク
応援バナー

ハイロさんが運営するゲームレビューサイト
プロフィール

sa

Author:sa
SRPG大好きなゲーオタ
主に遊ぶのはRPGとノベルゲー
PS3がフル稼働。PSVもぼちぼち。
フレンド募集中!PSID:sa-wav

次回レビュー予定
PSV 超次次元ゲイムネプテューヌ

プレイ中ゲーム
PS3 TOZ
VITA GE2

Twitter
購入予定のゲームとか
キャプテン・アース Mind Labyrinth

2月26日発売予定
公式サイト
買うかどうかは五分五分。アニメもっと面白ければ…

閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS -少女達の選択-

3月26日発売予定
公式サイト
この時期はゴタゴタしてるからプレイするのは後になるかも

第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇

4月2日発売予定
公式サイト
時獄篇微妙だったけどどうなんでしょうね
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。