スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラングリッサー3

概要
96年10月18日発売。
1,2よりも過去を描いたラングリッサーシリーズの第3作目。
シリーズでも異端とも言える、独特のシステムが特徴。

シナリオ
ラングリッサー1の過去、400年ほど前を描いており、光輝の末裔やラングリッサーの誕生秘話、
闇の王子ボーゼルの正体などが明かされる。
また、主人公は2のある人物と深い関わりを持つなど、1,2どちらにも影響があるが、
ストーリーの関連性は無いので、これからプレイしても楽しめる。

今作ではシナリオ分岐自体は無いが、
特別なフラグを立てることによってグッドエンドへと行くことができる。
また、今作ではヒロインへの告白システムが搭載されたが、条件がシビア。
ヒロインへの告白成功がグッドエンドの条件ともなっているため、この部分はやや不親切。
シリーズ恒例の隠しシナリオもあり、期待に違わずはっちゃけている。

システム
あらかじめ行動を決めておき、敵味方が同時に行動する、セミリアルシミュレーションとなっている。
指揮官と傭兵が一つのユニットとなっており、相手の行動を考えながら、
陣形や移動経路を考える必要がある。
指揮官と傭兵が一つのユニットになったことにより、前作までの操作の煩わしさは無くなったものの、
回復行動でやられた傭兵まで復活するようになり、延々回復されて泥沼化することがあるのが難点。
それは特に決め手にかける序盤に多い。
逆に後半は魔法による広範囲攻撃戦となるため、大味な印象を受ける。
とはいえ、指揮官と傭兵の統率されたユニットとユニットの戦いなど、
今まで以上に大規模な戦争を描くのには成功しており、その派生と考えれば一概に悪いとも言えない。

総評
システムがガラっと変わっており、ラングシリーズでは異端とも言えるシステムなので、
シリーズ好きでも気に入るとは限らない。
しかし、プレイしているとこれはラングだ、と思わせられる内容なので、
物怖じせずにプレイして欲しいところ。

良い点
・大規模な戦闘を感じられるシステム

悪い点
・回復行為による泥沼化

ストーリー     ★★★
世界観       ★★★
キャラクター    ★★★
音楽         ★★★★
グラフィック    ★★★
テンポ        ★★
難易度       ★★★
ゲームバランス  ★★
戦闘         ★★★
クリア時間目安 25時間(戦闘シーンオフ)

ゲーム評点 60点

ラングリッサー3
スポンサーサイト

この記事へのコメント

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


検索フォーム
レビュー一覧リンク

カテゴリ
最新記事
リンク
応援バナー

ハイロさんが運営するゲームレビューサイト
プロフィール

sa

Author:sa
SRPG大好きなゲーオタ
主に遊ぶのはRPGとノベルゲー
PS3がフル稼働。PSVもぼちぼち。
フレンド募集中!PSID:sa-wav

次回レビュー予定
PSV 超次次元ゲイムネプテューヌ

プレイ中ゲーム
PS3 TOZ
VITA GE2

Twitter
購入予定のゲームとか
キャプテン・アース Mind Labyrinth

2月26日発売予定
公式サイト
買うかどうかは五分五分。アニメもっと面白ければ…

閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS -少女達の選択-

3月26日発売予定
公式サイト
この時期はゴタゴタしてるからプレイするのは後になるかも

第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇

4月2日発売予定
公式サイト
時獄篇微妙だったけどどうなんでしょうね
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。