スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリニティ・ユニバース

概要
09年10月1日発売。プラットフォームはPS3。
アイデアファクトリーのPS3におけるクロスオーバー作品の2作目。
参加作品はガストと日本一ソフトウェア。
女神ルートと魔王ルートの2つに別れており、それぞれガストと日本一がシナリオを担当する。

シナリオ
基本的に女神ルート、魔王ルートともにコミカル。
目的は同じながら、行動的には全く違うという裏表を描いている。
女神ルートにはディスガイアよりエトナとプリニー、ヴィオラートのアトリエよりパメラが参加。
魔王ルートには同じくディスガイアよりフロン、
ヴィオラートのアトリエからヴィオラートが参加するが、最終的にどちらのルートでも使用できる。

システム
ダンジョンを探索し、アイテムを入手、最終的に重力場を破壊しダンジョンを漂流させることが目的。
エンカウント率が比較的高く、ダンジョンの構成が似たようなものばかりなので、
探索する楽しみは薄い。
また、ダンジョンを漂流させることにより、そのダンジョンに行けなくなり、
また漂流してくるまで待たなければいけないので、同じダンジョンに何度も行きづらい。
一応アンカーでダンジョンを固定させることができるが、アンカーは入手しづらい上、
漂流させないと評価ポイントを稼ぎにくいというデメリットも存在する。

ダンジョンで手に入れたアイテムは合成によって新しいアイテムとすることができるが、
前述のダンジョンのランダム性から、指定のアイテムを入手しづらい。
また、二周目以降は手に入れた合成書が封印されるため、アイテム入手の意義が薄くなる。
合成はやり込み系ゲームの醍醐味と言っていいので、これは大きなマイナスと言える。

戦闘はコマンド式でAP(アクションポイント)分の攻撃ができる。
一度行動を開始すると時間経過でAPが減っていくため、ボタン連打になりやすい。
また、敵の違いによる戦闘の変化が乏しいので、非常に単調。
微妙なモデリング、爽快感の無いSEなど、作りの安っぽさが戦闘に表れてしまっている。

総評
漂流システムやダンジョンの構成、戦闘システムに至るまで、不満点ばかりが目立つ作品。
唯一の美点といえば可愛らしいキャラクター程度。
ゲームとしてはかなり厳しいので、キャラクター目当てにプレイしたい人向け。

良い点
・可愛らしいキャラクター

悪い点
・漂流システム
・二周目の合成封印
・戦闘の単調さ
・モデリング
・SE

ストーリー     ★★★
世界観       ★★★
キャラクター    ★★★
音楽         ★
グラフィック    ★
テンポ        ★
難易度       ★★
ゲームバランス  ★
戦闘         ★
クリア時間目安 1周15時間

ゲーム評点 25点

トリニティ・ユニバース(通常版)
スポンサーサイト

この記事へのコメント

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


検索フォーム
レビュー一覧リンク

カテゴリ
最新記事
リンク
応援バナー

ハイロさんが運営するゲームレビューサイト
プロフィール

sa

Author:sa
SRPG大好きなゲーオタ
主に遊ぶのはRPGとノベルゲー
PS3がフル稼働。PSVもぼちぼち。
フレンド募集中!PSID:sa-wav

次回レビュー予定
PSV 超次次元ゲイムネプテューヌ

プレイ中ゲーム
PS3 TOZ
VITA GE2

Twitter
購入予定のゲームとか
キャプテン・アース Mind Labyrinth

2月26日発売予定
公式サイト
買うかどうかは五分五分。アニメもっと面白ければ…

閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS -少女達の選択-

3月26日発売予定
公式サイト
この時期はゴタゴタしてるからプレイするのは後になるかも

第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇

4月2日発売予定
公式サイト
時獄篇微妙だったけどどうなんでしょうね
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。