スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

去年プレイしたゲーム感想

去年発売してプレイしたゲームの感想を。レビューもほったらかしてるので少しでも……ということで。
ちなみに去年発売したものの感想で、新品中古問わずです。

1月
ホワイトアルバム2(PS3)
近年のADV、エロゲ移植では間違いなくNo.1の出来。
シナリオもさることながら、演出や伏線、インターフェースも完璧。
特に演出には力が入っており、音楽やBGMとしっかりリンクさせたり、
より心に訴えかけるように伏線撒いといたりよく考えられて作られてるのが分かります。
おまけとしてこれまでのドラマCD、特典小説なども読めるようになっており、太っ腹すぎてこちらが心配になるぐらい。
間違いなくオススメできる一品……なんですが、ドロドロの恋愛模様が苦手な人には難しいかな……?

2月
閃乱カグラ SINOBI VERSUS(PSVita)
話題になってますし、ここはいっちょ乗っておくかー的なノリで購入。
正直こういう露骨なエロはちょっと……何故買ったって話ですが。
それ以前に劣化無双なシステムだったり、大味なゲームバランスが合わなかったっていうのがあるんですがね。
次回作の話も出てますが、私は様子見かなー、と。

3月
テイルズオブハーツR(PSVita)
DSで発売されたもののリメイク版。
イノセンスとは違い、2Dだったものを完全3Dにしたため、まさにリメイク……なんですが、
低予算っぷりが分かる出来で、モーションしょぼい、シナリオ削減による改変、
アニメはDS版の使い回し(黒枠)など、やっていると悲しくなってきます。
とりわけモーションのしょぼさによるイベントの演出は酷いの一言。D2とかあの辺りを思い出すぐらいに。
イノセンスRも大概だったのですが、プレイしてるとそれがマシに思えてくるっていうのはどうですかね……

メルルのアトリエPLUS(PSVita)
メルルのアトリエPSVita移植版。
間違いなく現時点ではこれがVita移植では一番でしょう。いや、まだ新ロロナやってませんが。
トトリ+であったフリーズもなく、システムとしてアーランドシリーズの集大成ということもあり、
アトリエとして調合の完成度も高いです。
追加ボスもものすごく強い(PS3版でもDLCで追加されてます)ので、特性を吟味する必要があるので、
更に熱中させてくれます。特性をどう乗せるか、そのルート構築が醍醐味ですね。
まあ元々の欠点であったイベント過多はあるんですが、それを補って余りある内容ですし、
携帯機ということで手軽にできるのは大きいです。
PSVitaで買うものを迷ってる人は是非オススメしたい一品です。

4月
フォトカノKiss(PSVita)
プレイしたのは9月ですが、発売はこの月なのでここで。
面白かった。面白かった……んですが……
アマガミクラスを期待していたので、少々拍子抜けというか……
まあ比較しなければいいんですが、どうしても頭の隅に残ってしまってるんですよねぇ。
後述の俺妹の酷さで写真撮影の出来の良さは際立ちましたが、比較対象のレベルが低すぎただけという話かも。

シュタインズ・ゲート 線形拘束のフェノグラム(PS3)
打越さんのシナリオは面白かったです。でもそれだけ。
逆に言うとそれ以外は一定のレベルにすら達してない、と。
正直、おまけシナリオならまだ許せますが、単体の商品として出すとなると……
同じファンディスクなら比翼恋理の方がまだマシかと。

圧倒的遊戯ムゲンソウルズZ(PS3)
前作とはシステム的にはほぼ同じですが、かなり遊びやすく改良されています。
とりわけ前作では苦痛だった萌え殺しがやりやすくなっているの大きく、
ロード時間も改善されてるのでやりこみゲーとしては数段レベルアップしています。
ディスガイアインスパイアですが、まさにディスガイア好きにはいいと思います。
惜しむらくはそれほど売れてないので続編の見込みが薄いことでしょうか。世知辛い……

5月
サモンナイト5(PSP)
ナンバリングとしては6年半ぶりの新作。
半年前に出た3,4のリメイクの出来が良く、期待は最高潮でした。でした……
蓋を開ければマップが狭くて戦略性の薄い戦闘、ストレスの溜まる無限増援、
相変わらずのシナリオ、やりこみの薄さなどなど、あまりに期待外れ。
まあシナリオは個人的にはどうでもいいんですが、キャラ一人一人の掘り下げが少ないのはいかんともしがたい。
ビジュアル的にも設定的にも割と魅力的なキャラが揃っていたので尚更。少なくとも4よりは魅力的でしょう。
まあ半強制ミニゲーム無くなったのはいいですが、それは評価点じゃないですしねぇ。
なんだかんだ見捨てることはしませんが、次、出るんですかね……

6月
超次元アイドルネプテューヌ(PSVita)
うーん、と唸らざるをえない内容。手抜きすぎでしょう、これ。
4人のキャラ選択できますが、やること一緒、ちょっとイベントが違うだけ。
ステータスも簡単に上がるので、シミュレーションゲームとしては張り合いがなく、適当にやってもクリアできる。
肝心要のダンスパートはモデリングこそまだマシなものの、曲の少なさ、
ダンスの単調さ(人数変わってもダンス一緒)でガックリ。
そしてなによりつなこ絵の新規がほぼ無いです。パッケージではあんなに期待させてくれたのに……
こんなん出しても信仰心が全く衰えないねぷ信者はすごいと思います。

エスカ&ロジーのアトリエ(PS3)
こちらは発売日に買ったものの、プレイしたのは11月。
5月までメルルやってましたし、なによりマナケミア2面白いですし。
新規誘致に難易度低い本作ですが、それが既プレイヤーの私には物足りなく……
出来としては無難で、よくまとまっていると思いますが、上記の理由から個人的な評価は低いです。
最近旧ロロナやってますが、不便なところが面白いという部分があるので、
あまりに便利になりすぎた今作には思うところがあります。
特に、特性の選択ができるのは過保護すぎるんじゃないですかね。

7月
ドラゴンズクラウン(PS3)
グラフィックがものすごい本作。
それが利点でもあり、欠点でもあったりします。
1周目は間違いなく楽しめたんですが、一度攻略法が確立すると単調な動きに。
超絶グラフィックのせいで追加ボスもないので、延々同じボスを倒すことになります。
とはいっても、10数体はいるんですけどね、ボス。
それでも物足りなくなっちゃうのはシステムが単純ゆえでしょうか。
今はアプデでキャラ性能とか色々変わってるので、またやれば楽しめるのかな?

8月
ジョジョの奇妙な冒険ASB(PS3)
なんだろう、何故か涙が止まらないんだ……

9月
俺の妹がこんなに可愛いわけがないHAPPYEND(PS3)
写真撮影モードがなにより酷い。
モデリングが悪く、キャラが全く可愛くない。そしてなによりロードが長い。
そのため、写真撮影ゲームなのに、いかに写真撮影を避けるかに労力を割くという訳のわからない事態に。
なんでPSP路線でいけなかったんですかね……
アニメも最後の方は酷かっただけに、その救済を求めてたファンは多かったはず。
それなのにこれでは……

10月
フェアリーフェンサーF(PS3)
後から冷静に分析してみると、間違いなく出来はよろしくないのに、悪しざまに言うのは憚られる、
そんな妙な魅力を持った作品です。少なくとも私は好きです(半ギレ)
ゲームバランス的にヌルすぎるとか、シナリオが尻切れトンボだとか、どこがガラパゴスRPG?とか色々ありますが、
擁護するとすれば、中盤の熱い展開だとか、可愛らしいキャラだとか、
システム的にはシンプルなんで分かりやすいとか。
……明らかに制作時間切れで発売ってのが分かるんですよね。
伏線ほっぽいたり、キャライベント少なかったり、突然話まとめに入ったり。
でもいつもifはそんなゲームばっかり出してるので、次が出たとしても改善されてないでしょうね。
それでも買っちゃうんでしょうが。

超次次元ゲイムネプテューヌ(PSVita)
比喩ではなく、ネプテューヌシリーズ最高傑作です。マジで。
シナリオは元々それなりの出来だった初代をベースにしてる……んですが、出てくるキャラ違いますし、
そもそも既存キャラの登場、加入タイミングが違っているので、ほぼ別物に。
初代での3女神の加入タイミングが遅すぎるという不満を解消してくれたんですが、
そのせいでストーリーライン変更されたのでどうかな……という部分はあります。
まあ加入が遅くてパーティほぼ固定という不満よりは何十倍もマシですが。
あとはシステムはVベースになっており、更にリメイクシステムとして、色々便利な機能が追加されています。
まあ容量の要素は必要なかったと思いますが、それを補って余りあるほど便利な機能が多いです。
ねぷは風のうわさに聞いてて興味あったけど、クソゲーなんでしょ?って人は是非これやってみてくださいな。

ブレイブルーCP(PS3)
発売直後はそれなりに熱中してたものの、今ではああそういや、という感じ。
一人用モードも充実してますし、ネット対戦関連も上々、
対戦バランスもそれほど悪くない(ココノエから目をそらしながら)ので、
やはり自分がそれほど格ゲー好きじゃないのが長続きしない原因ですかねー。
いや、一応覚えること多くて複雑って言い訳はあるから!
言い訳なんて誰にしてるか分かりませんが。

ティアーズ・トゥ・ティアラ2(PS3)
花冠のシナリオがかなり良かっただけに期待したんですがねぇ。
色々と粗が多くて楽しめませんでした。少なくともあの主人公とヒロインでは無理です。
それではゲームとしては、というと、大味なバランス、ストレスの溜まる要素てんこ盛り、と
SRPGとしては前作の方がまだマシだったと言えるものに。
SRPGの醍醐味は、成長するキャラクターとマップ構成、意図された敵ユニットの配置だと思うんですが、
成長は敵の方が高く、敵ユニット配置はさもこう動かしくてくれというのが多く(または散開して適当)
モチベーション保つのは難しいです。マップ自体は悪くないとは思いますが。
一応次回作匂わせてはいますが、正直これでは……

12月
ファイナルファンタジー10&10-2HD(PS3)
今のところプレイしてるのはFF10の方だけです。
10年前のゲームだけあって、色々不便なところが多いですが、面白いと思える要素は健在。
面白くない要素も健在。雷よけとか誰が喜ぶんだ……
でもやはりシナリオはいいですねー。ジェクト関連は特に。改めてやると伏線バリバリだったんですね。
次は10-2ですが、もう少し余韻に浸ってたいのでやるのは遅くなるかなー。

さてこんなところでしょうか。計17本。我ながら随分とまあ……
あとは中古で買った魔女と百騎兵あるんですが、これはまだ手をつけてませんので、
同じ様な形式の感想は無しですかね。レビューは……うん。
来年も同じように記事書けたらいいですね。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


検索フォーム
レビュー一覧リンク

カテゴリ
最新記事
リンク
応援バナー

ハイロさんが運営するゲームレビューサイト
プロフィール

sa

Author:sa
SRPG大好きなゲーオタ
主に遊ぶのはRPGとノベルゲー
PS3がフル稼働。PSVもぼちぼち。
フレンド募集中!PSID:sa-wav

次回レビュー予定
PSV 超次次元ゲイムネプテューヌ

プレイ中ゲーム
PS3 TOZ
VITA GE2

Twitter
購入予定のゲームとか
キャプテン・アース Mind Labyrinth

2月26日発売予定
公式サイト
買うかどうかは五分五分。アニメもっと面白ければ…

閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS -少女達の選択-

3月26日発売予定
公式サイト
この時期はゴタゴタしてるからプレイするのは後になるかも

第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇

4月2日発売予定
公式サイト
時獄篇微妙だったけどどうなんでしょうね
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。