スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティアーズ・トゥ・ティアラ -花冠の大地-

概要
オリジナルは05年4月28日発売。本作発売は08年7月17日。
PCアダルトゲームのリメイク版。オリジナルはリーフなので、ほぼ自社といえる。
ビジュアル、システムなど、ほぼ全面的にリメイクされている。

シナリオ&キャラクター
シナリオの大本はPC版と同じだが、追加イベントや補足など、かなり書き直されている。
PC版では説明不足だったせいか、新キャラクターも、とあるキャラクターの核心に迫る良い補足として、
違和感なく溶け込んでいる。
シナリオ自体は、王道を謡っているだけに、奇抜な展開などは無し。
だが、こういったものでは珍しく、主人公サイドが常にアドバンテージを握っているなど、
既存の設定をうまく作り替えた内容となっている。

キャラクターも比較的テンプレートに沿っているのだが、元PCアダルトゲームなのに、
男性側の方が魅力があるなど、少々変わっている部分もある。

システム
3D、クォータビューのフェイズターン制。向きの概念はあるが、高さの概念は無い。
うたわれるものから正統進化させたような内容。
基本の速度は遅めだが、3段階の早さ調節ができるため快適。
序盤は簡単だが、後半はそれなりに難しくなっている。
この後半が問題で、移動後に攻撃でき、範囲の広い風魔法、射程の長いゴーレムのビームなど、
少々調整不足の部分も見受けられる。
基本的にオーソドックスなSRPG。

総評
序盤はお色気シーンなどがあるが、後半は熱い展開があり、女性陣がかなり影が薄くなるほど。
そのシナリオは一見の価値有り。
そのため、PCアダルトの移植ということで、躊躇せずにプレイして欲しいところ。
戦闘パートは、一部難しいステージもあるが、複雑なシステムも無く、難易度選択もできるので、
SRPG初心者にもオススメできる。

良い点
・熱いシナリオ
・キャラクター
・音楽
・世界観

悪い点
・敵の魔法の調整不足
・面倒な傭兵システム

ストーリー     ★★★★
世界観       ★★★★
キャラクター    ★★★★
音楽         ★★★★
グラフィック    ★★
テンポ        ★★★★
難易度       ★★★
ゲームバランス  ★★
戦闘         ★★★
クリア時間目安 30時間

ゲーム評点 75点

ティアーズ・トゥ・ティアラ -花冠の大地- アクアプライス2800
スポンサーサイト

この記事へのコメント

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


検索フォーム
レビュー一覧リンク

カテゴリ
最新記事
リンク
応援バナー

ハイロさんが運営するゲームレビューサイト
プロフィール

sa

Author:sa
SRPG大好きなゲーオタ
主に遊ぶのはRPGとノベルゲー
PS3がフル稼働。PSVもぼちぼち。
フレンド募集中!PSID:sa-wav

次回レビュー予定
PSV 超次次元ゲイムネプテューヌ

プレイ中ゲーム
PS3 TOZ
VITA GE2

Twitter
購入予定のゲームとか
キャプテン・アース Mind Labyrinth

2月26日発売予定
公式サイト
買うかどうかは五分五分。アニメもっと面白ければ…

閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS -少女達の選択-

3月26日発売予定
公式サイト
この時期はゴタゴタしてるからプレイするのは後になるかも

第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇

4月2日発売予定
公式サイト
時獄篇微妙だったけどどうなんでしょうね
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。