スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラングリッサー3

概要
オリジナルは96年10月18日発売。本作発売は05年10月27日。
セガサターン(以下SS版)で発売されたラングリッサー3の移植、リメイク版。内容は移植寄り。
移植担当はクロスノーツ、販売はタイトーが担当。

変更点など
移植に辺り、操作性が非常に悪くなった。
まず出撃準備画面だが、装備画面が変わり、誰が何を装備しているか分かりづらい、
傭兵選択から転職ができなくなり、転職すると装備がすべて外される。上記も相まってかなり面倒。
出撃準備画面で敵の種類、配置を確認できなくなった。
本作では、敵の種類に合わせ三すくみを考えることが重要なので、戦略性が低下。
更に、ソフトリセットも無くなったので、出撃し敵を確認後に戻るのにも手間が掛かる。

次に戦闘だが、行動の選択が別の選択をするとすぐにキャンセルされるようになった。
具体的には、移動位置を選択した後、魔法画面を開くだけでキャンセル、
SS版では魔法を選択するまでキャンセルされることは無かった。
また、移動経路が表示されないので、選択後にどこにいくか確認できない。
移動経路がもっとも重要な要素だけに、これはかなり辛い。

システム的にも、ダメージが傭兵よりも指揮官に優先的に行くようになったので、
軍団戦というよりも個人戦の向きが強くなった。
魔法の射程、範囲が全体的に広くなったので、元々強力だった魔法が手をつけられなくなった。
防御コマンドが変更、壁を作るということができなくなり、戦術性が低下。
状態異常が数ターンに渡り継続するようになり凶悪化。回復手段はターン経過のみ。

戦闘がビームの撃ち合い。
SS版でもあったが、飛兵と歩兵の場合であり、今作では歩兵と歩兵もそうなっている。
AIの思考能力が低下し、むやみに回復することは無くなった。
ヒールによる回復量も低下したので、SS版のような泥沼化は起こらなくなり、テンポが向上した。

総評
戦闘のテンポは良くなったものの、それと引き換えに戦術性、戦略性、操作性、
更には大軍同士の戦闘の壮大さが失われた。
シリーズ伝統の隠しコマンドが消えたり、ただでさえ壊れ気味だった戦闘バランスは崩壊してたりと、
ベタ移植の方が何倍もマシな出来。
よほどこだわりが無ければSS版をプレイした方がいいだろう。

良い点
・テンポが良くなった

悪い点
・戦術、戦略、操作性の大幅な低下
・ゲームバランス
・戦闘シーン、ビームの撃ち合い

ストーリー     ★★★
世界観       ★★★
キャラクター    ★★★
音楽         ★★★★
グラフィック    ★★
テンポ        ★★★
難易度       ★★
ゲームバランス  ☆
戦闘         ★
クリア時間目安 20時間(戦闘シーンOFF)

ゲーム評点 30点

ラングリッサーIII
スポンサーサイト

この記事へのコメント

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


検索フォーム
レビュー一覧リンク

カテゴリ
最新記事
リンク
応援バナー

ハイロさんが運営するゲームレビューサイト
プロフィール

sa

Author:sa
SRPG大好きなゲーオタ
主に遊ぶのはRPGとノベルゲー
PS3がフル稼働。PSVもぼちぼち。
フレンド募集中!PSID:sa-wav

次回レビュー予定
PSV 超次次元ゲイムネプテューヌ

プレイ中ゲーム
PS3 TOZ
VITA GE2

Twitter
購入予定のゲームとか
キャプテン・アース Mind Labyrinth

2月26日発売予定
公式サイト
買うかどうかは五分五分。アニメもっと面白ければ…

閃乱カグラ ESTIVAL VERSUS -少女達の選択-

3月26日発売予定
公式サイト
この時期はゴタゴタしてるからプレイするのは後になるかも

第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇

4月2日発売予定
公式サイト
時獄篇微妙だったけどどうなんでしょうね
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。